幅広い年代の人が活躍している

ヤングなママもバリバリ働いている

近頃増えているのは、20代のヤングなママのトラックドライバーへの参入です。収入が安定していて比較的休みもしっかりと取ることができることから、事務職から思い切ってトラックドライバーへと転職する女性が増えています。中・長距離のトラックドライバーの場合、責任感と運転技術があれば新規の参入は比較的容易です。子供のいるシングルマザーの場合、将来のことを考えて稼げるうちに稼いでおきたいという考えの人も多いので、中・長距離ドライバーとしてバリバリ仕事をしています。女性のドライバーは年々増え続けており、安全運転で目的地まで荷物をきちんと運ぶことができれば性別は問題視されることはありません。よって、女性でも働きやすい職場環境です。

60を過ぎても現役でいられる

運送会社によっては、明確に定年制度を設けていない所も多いです。それに、昨今の物流業界の人手不足の影響もあり、この業界では60代以上の人も現役で元気に仕事をしています。中・長距離ドライバーというのは、経験を積めば積むほど仕事を円滑にこなすことができることから、熟練のトラックドライバーというのは60代になっても需要が高いのです。さらに、2013年より高年齢者等の雇用の安定等に関する法律が施行されたことで、年金受給資格を得るまでの間、仕事をすることができるようになりました。このような高齢化が著しい社会の変化にも伴って、トラックドライバーは、60代であってもバリバリの現役として仕事を続けている人がとても多いです。

ドライバーの募集は様々な業種で行っていますが、いずれも自動車を運転をすることが必須なので、運転が得意な方に向いている求人です。