宅配ドライバーの注意点について

宅配ドライバーにはどんな資格が必要?

宅配ドライバーになるためには、自動車運転免許が必要です。また勤務先での業務内容や運転するトラックによって必要になる免許が変化するため注意が欠かせません。宅配ドライバーが主に使用する2トントラックには普通免許もしくは準中型免許が必要になります。これは運転免許の取得時期によって運転可能な車両が変化しているためです。自分の免許ではどの車両が運転できるか確認してみるといいですよね。その他にも4トントラックを運転できる中型免許やそれ以上の大型トラックを運転可能な大型免許、倉庫内での業務で活用できるフォークリフト免許、一定台数以上の車両を使用する事業所に必要となる運転管理者などの資格も業務に活かすことができます。

宅配ドライバー業務で気を付けたいことは?

業務をおこなう上で必要なのは安全運転を心がけることです。運転を長く続けていると注意力や集中力が途切れやすくなります。事故を起こさないことも重要な仕事ですから、日常的に運転することに慣れており運転が得意な方は宅配ドライバーの業務に活かすことが出来そうですね。また、宅配業務では個人の家屋から会社や店舗とさまざまなお客様がいるため、人と接するコミュニケーション能力が必要です。決められたルートを走ることが多い宅配ドライバーは地域密着型として物流を支える役割ができます。その他に、時間指定された荷物を指示通り届けるための配送順の工夫やルートの確認、荷物が多くなる繁忙期でも慌てずに効率よく作業する冷静さと体力も求められます。

運転業の求人はドライバーの募集がほとんどです。荷物や顧客を運ぶのが仕事で、業種によって載せるものが異なります。