自分のペースで働くことができる

中・長距離ドライバーの特徴とは

4トン車と呼ばれることが多い中距離ドライバーは、日帰りができるような距離を任されることが一般的です。勤務時間は会社の規定や取引先によって異なるため、日中だけでなく夜間に働くドライバーも多く存在します。
遠方への運送をメインとする長距離ドライバーは、道路が混んでいない夜間を走ることが多いのが特徴です。そのため、高速道路を利用して運搬を行うのが一般的になります。拘束時間が長いため、運転のあいだにパーキングエリアなどで休憩や仮眠をしながら、長距離を運転するといったことが多くなるでしょう。
どちらの形態も、荷物の積み下ろしの業務も請け負うことが多いため、体力に自信のある人に合ったお仕事といえるのではないでしょうか。

魅力的!中・長距離ドライバーのメリット

基本的には、一人で運転することが多いお仕事です。人間関係によるストレスが少ないという利点があります。多くの会社員と同じ部屋で働くといったことがなく、会議に参加したり何度も打ち合わせをしたりする必要もありません。ですので、職場の人間関係がわずらわしいと感じる人や、対人的ストレスが苦手だという人にはとても向いているでしょう。他人に気を遣わないので、自分のペースで業務をこなすことができます。 日中のみならず夜間に仕事をすることも多いドライバーですが、夜型の人やあまり気にならない人には最適なお仕事です。自分のペースで仕事をしたい、ライフスタイルに合わせて働きたいと思っているなら、中・長距離ドライバーを目指すことも視野に入れてみましょう。自分にあった仕事内容や、会社の雇用形態を探してみてくださいね。

運転手の募集では一般的な就業年齢で健康な人であれば対象になります。運転免許と運転経験の有無によって制限があることもあるので注意が必要です。